忍者ブログ
[427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年3月11日。
東日本で発生した大地震と、巨大津波。


地震があった時、私はお店の中でネットショップの作業をしていました。

最初は揺れているな。って程度だったのですが、
その揺れがどんどんと大きくなって。


外にでると、向かいのお魚屋さんはみんなどこかに掴まって立ちすくみ、
国道一号線を走っている車もみんな一時停止。

電信柱も看板も、大きくユラユラと揺れて、倒れるんじゃないかってくらい。
とにかく、大きくて長い地震。


とうとう関東大震災が来たのだと思いました。

関東大震災の震源は、小田原の西側にある国府津の断層も含まれている。
そして、もうすぐ地震がきてもおかしくない周期だと、小田原に嫁ぐときから
夫や義両親から聞いていた話。


急いで自宅へ戻ると、幸いにも小2の長女は帰宅していて、夫と一緒。
自宅は地震対策で頑丈に作ったらしいので、それほど揺れなかったようです。

家の中は、倒れているものも落ちているものも何もありませんでした。


テレビでは、映画でも見ているような津波の映像が。
簡単に車や大きなトラック、船までもが流されて。
あまりにもすごい映像で、今現実に起こっていることだとは思えなかった。

M9.0。小田原では震度5弱 → 5強 でした。

東北沖が震源地だったけど、その後、茨城沖、長野、静岡でも震源地が広がったので
関東も誘発されるんじゃないかと、とにかく恐怖でした。


我が家は海からすぐ近くなので、大津波警報により、避難勧告も発令されました。

とりあえず、着替えや寝袋、食料や水など、家族の分をバックパックにつめ
いつでも逃げられるようにしておいたけど、

避難場所はうちよりもさらに海が目の前で、築60年近い古い校舎なので
そこへ避難するのも怖くって。。

それなら家にいたほうが安全だろうと、この日はずっと自宅にいたのですが、
木造住宅は流されてしまうってことも、今回の津波でわかったことです。


私1人なら逃げられるとしても、
子どもが3人、そしてお腹には赤ちゃんがいるので

みんなを守ること、生き抜くことを改めて、、というよりも、
今回初めて真剣に考えたと思います。

津波や地震の映像や、被災者の方のコメントなどの中には、
生き残るための答えやヒントたくさんあるはずです。


14時46分。

この時から多くの人の生活や人生が大きく変わってしまったけど、
一日も早く、みんなが平穏に、幸せに暮らせるように。

1人1人が出来ることから、ちょっとずつでも動き出したいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 我が家の春 HOME TDL >>
おすすめリンク
ツイッター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
あっきーのプロフィール
HN:
あっきー
年齢:
38
HP:
性別:
女性
誕生日:
1978/11/23
職業:
スリング屋さん
趣味:
料理・ロハス・旅
自己紹介:
☆かぞく☆

パパ→家族思いで家事もいっぱい手伝ってくれます♪

長女→2002年6月生まれ。転んでも泣かない強い子。妹想いの優しいお姉ちゃん。

次女→2006年7月生まれ。パパに激似の女の子☆歌が大好きです。

三女→2007年11月生まれ。まだまだスリング大好きっこ。

☆好きなこと☆

旅 →バックパックでいろんな国に行きたいです。将来はオーストラリアに永住するのが夢。

料理→調理師免許取得しました♪

手作り→石けん、天然酵母パン、ハーブなど。

ロハス→自然・天然・ナチュラルって言葉に惹かれます。

☆ついったー☆

http://twitter.com/ackeySling

適当につぶやいてます。フォローお願いします♪
ブログ内検索
最新コメント
[03/07 ゆったり]
[11/29 &O]
[07/21 aloha classic]
バーコード
忍者ブログ [PR]